錦織圭、全豪テニスでベスト8の快挙

印刷

   テニスの全豪オープン・男子シングルスで、日本の錦織圭選手(22)(世界ランク26位)が2012年1月23日、世界ランク6位のジョー・ウィルフリード・ツォンガ選手をフルセットで破り、ベスト8に進出した。全豪では、日本男子史上初の4勝となる。

   日本男子のベスト8入りは、80年ぶり。4大大会では、1995年のウィンブルドンで松岡修造さんが達成して以来の快挙となった。フルセットのスコアは、2-6、6-2、6-1、3-6、6-3だった。ベスト4をかけた25日の対戦相手は、世界ランク4位のアンディ・マリー選手となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中