2018年 7月 20日 (金)

ギリシャの巨匠、アンゲロプロス監督が交通事故死

印刷

   世界的巨匠として知られるギリシャの映画監督テオ・アンゲロプロス氏が、2012年1月24日、首都アテネに近いピレウス郊外でバイクにはねられ、脳出血のため亡くなったと、ギリシャのメディアが報じた。76歳だった。

   アンゲロプロス監督は、映画批評活動を経て、1968年に初の短編映画「放送」を完成させた。その後は、精力的に映画を撮り続け、「アレクサンダー大王」(80年)で、ヴェネツィア国際映画祭「金獅子賞」を、「永遠と一日」(98年)で、カンヌ国際映画祭「パルム・ドール賞」を受賞。多くの作品で高い評価を得ている。

   代表作は他に、現代史三部作と呼ばれる「1936年の日々」(72年)、「旅芸人の記録」(75年)、「狩人」(77年)など。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中