米スマホ市場 iPhoneが「アンドロイド」抜く

印刷

   米調査会社カンターワールドパネルコムテックは2012年1月25日、2011年10~12月の米市場におけるスマートフォンのシェアを発表した。米アップルの「アイフォーン(iPhone)」が44.9%となり、米グーグルの基本ソフト「アンドロイド」を搭載した端末の44.8%をわずかながら上回った。

   2011年10月に発売された「iPhone 4S」が、シェア増大に貢献したという。調査はクリスマス商戦の結果を含んでおり、この時期も「4S」の売れ行きが好調だったとみられる。

   英国でもiPhoneは人気を集め、前年22%だったシェアは34%へと拡大した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中