2018年 7月 18日 (水)

福島第1原発、凍結で水漏れ相次ぐ

印刷

   福島第1原発で2012年1月29日、冷却装置配管など計14か所で水漏れが相次いで見つかった。東京電力が同日、発表した。凍結により、配管つなぎ目部分が破損するなどしたためで、4号機の使用済み核燃料プール冷却が約2時間停止したものの、プール水温への影響はほとんど見られなかったという。

   漏れた水は、冷却用淡水や汚染水を処理した後の水で、海への流出もないとしている。配管の凍結対策は実施していたが不十分だったとして、今後徹底を図る。29日未明には、周辺自治体で氷点下8度前後まで冷え込んでいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中