日本相撲協会、12代目理事長に北の湖親方返り咲き

印刷

   日本相撲協会は2012年1月30日に任期満了にともなう理事選挙を行い、新理事10人による互選で北の湖親方が12代目の理事長に選ばれた。

   北の湖親方は2002年から4期続けて理事長を務めていたが、自身の部屋の力士が大麻を使ったとされる問題の責任を取って08年に理事長を辞任していた。今回は4年ぶりの復帰で、返り咲きは史上初となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中