2018年 7月 17日 (火)

ミッキーの頭を吹き飛ばした同人ゲーム作者 「ディズニーの賠償請求は詐欺だった」と明かす

印刷

   同人ゲーム「ハナコ」内で、ミッキーマウスに非常によく似たキャラクターの頭が吹っ飛ぶ、というシーンを描いたことで、ディズニー側からゲームの開発中止と600万円の賠償金請求があったと、明かしていた制作者のコトハさんが、2012年1月30日、ディズニー側は一切関与していないと、ツイッターで報告した。

   2012年1月30日未明、コトハさんは「大変お待たせしました。(中略)きちんとディズニー関係者と連絡が取れましたので、報告に参りました」と、これまでの経緯を語った。

「一連のメールは偽造メールと言う見方をしています」

   それによると、

「(ディズニー側は)この件に関して一切ノータッチだ、と言っていました。 前々から指摘があったのですが、一連のメールは偽造メールと言う見方をしています」

とし、これまでの賠償請求などは「詐欺」だったと明かした。

   原因についても、キャラクターの首が吹っ飛ぶというシーンが海外サイトでも話題になっていたため、「目を付けられた」のではないかと推測している。

   また、ネット上で「ミッキーを虐殺するゲーム」という話題がひとり歩きしたことについては、

「実際に遊んだ方なら分かると思うのですが、そんな内容じゃありません。都合の良い画像・動画だけが切り取られ、『殺した』や『斬り取った』などの表現で紹介され、具合を悪くするほどショックでした」

と、語り、キャラクターの価値を減じようという気持ちはなかったと、改めて主張した。

   ただ、今回の請求が「詐欺」だったとしても、ディズニーファンからの怒りを買ったのは間違いなく、「ディズニーファンの方には大変申し訳ない事をしてしましました。もうこの様な事態が起らない事を約束します」と謝罪。サイトは閉鎖したままで、ゲームはダウンロードできないようにするという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中