UFOか? バルト海で「直径60メートルの円盤」発見

印刷

   北欧のバルト海で「UFO発見騒動」が起きた。CNN(電子版)などが報じている。

   記事によると、難破船を捜索していたスウェーデンの海底探査会社が2012年1月29日までに、スウェーデンとフィンランドの間の深さ80メートルの海底で巨大な物体を発見した。音波探知で直径60メートルの円盤形の本体に長さ400メートルの尾のような物が付いた物体の画像をとらえた。さらに約200メートルほど離れた場所で円盤形の物体をもう1つ見つけたという。形状から「未確認飛行物体(UFO)」ではないかという説が飛び交ったが、正体は分かっていない。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中