2019年 7月 20日 (土)

リストラ発表したNECトーキン ネットに社員が書き込み?「安泰だと思ってたのに!」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   業績悪化に伴い、大規模なリストラ策を打ち出したNECグループの社員によるものと見られる書き込みが2ちゃんねるに寄せられ、ネット界隈で大きな話題となっている。

   NECは、2012年1月26日、3月期の連結業績見通しが1000億円の当期赤字になり、グループで外注含め1万人の人員削減を行うと発表。27日には、NEC子会社で電子部品事業を行っているNECトーキン(仙台市)が、全従業員の約16%にあたる250人の希望退職を3月に募集すると明らかにした。

「いやだいやだ」「白石に引っ越しとか出来ない…」

   さらに経営効率化のため、東京・神保町にある本社機能を、5月をめどに宮城県白石市の白石事業所に移す。東京本社の従業員240人の半数程度や、仙台本店の従業員の一部を白石事業所へ異動させるという。

   NECトーキンは、2010年後半からメインの電子部品事業が悪化。2011年10月にはタイの洪水で、同社工場も水没し、大きな被害を受けた。

   リーマンショック以降、大手メーカーの大規模人員削減が度々行われているが、今回は2ちゃんねるに、社員によるものと見られる書き込みが寄せられた。

   「NECトーキンの裏事情」という3年前からあるスレッドには、発表前の26日に人員削減に関する通達が書き込まれた。その後、「うわあああああああ いやだいやだいやだ」「組合のお力で白石移転を止めさられませんでしょうか?? 白石に引っ越しとか出来ない…」といった叫びが寄せられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中