2019年 11月 14日 (木)

エルトン・ジョンに何が起きているのか 暴言連発、マドンナに「口パクうまくやれ」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   英国の大物ミュージシャン、エルトン・ジョンの過激発言が話題だ。以前から歯に衣着せぬ物言いで有名だったが、最近は歌手のマドンナとの「舌戦」がエスカレートしている。

   一方では、雑誌のインタビューで「キリストはゲイ」と独自の解釈を披露。キリスト教団体を中心に反発を招いてしまった。

「頭の悪い低俗なヤツ」とこき下ろす

場外戦で話題をふりまく「サー・エルトン」
場外戦で話題をふりまく「サー・エルトン」

   「僕の歌は君の歌(原題『Your Song』)」や「クロコダイル・ロック」をはじめ、数々のヒット曲を生み出してきたエルトン・ジョン。1997年に英国のダイアナ元皇太子妃が自動車事故で亡くなった際に追悼曲としてリリースした「キャンドル・イン・ザ・ウィンド1997」は、世界中で3300万枚のセールスを記録した。日本にもファンは多く、何度も来日公演を開いている。

   エリザベス女王から爵位を贈られ、名実ともに「超大物」のエルトンだが、たびたび「お騒がせ発言」をすることでも知られている。特に同業者であるミュージシャンが相手となると、口さがない。

   近年のターゲットはマドンナだ。かねてからその実力を認めていないような発言をしていたが、2012年1月の「ゴールデングローブ賞」では「直接対決」が実現した。エルトンとレディ・ガガのデュエット曲「ハロー・ハロー」とマドンナの「マスターピース」が、いずれも映画の「主題歌賞」にノミネートされたのだ。授賞式前、記者にコメントを求められたエルトンは「マドンナが受賞することはないね」と先制パンチ、これを聞いたマドンナは「ヒドい言い方するわね」と苦笑いしながら応じた。

   賞レースに勝ったのはマドンナだった。報道陣から「エルトンを負かした感想は」と問われると、「彼が私に話しかけてくれることを望むわ。私のこと嫌いみたいだから」とコメントし、最後は「彼なら別の賞をとれるはず」とエールを送る余裕までみせた。

   これではエルトンが収まらない。マドンナは米国時間2月5日に行われる米プロフットボールの優勝戦「スーパーボウル」でハーフタイムショーに出演するが、テレビ番組でこのことを聞かれたエルトンは「口パクをうまくやれ」とひと言。生で歌っていないことを前提にしたような言いぶりでやゆした。

   暴言は他のミュージシャンにも向けられていた。2010年11月には、英人気バンド「オアシス」について「米国で売れそこなった」とバッサリ。メンバーも「頭の悪い低俗なヤツ」とこき下ろしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中