2018年 5月 28日 (月)

「ラーメン二郎」三田本店 臨時休業から営業再開

印刷

   2012年1月末から臨時休業していた人気ラーメン店「ラーメン二郎」本店が2月3日、営業を再開した。

   二郎本店は1970年代前半から東京・三田で営業し、1990年代に道路の拡幅工事に伴い移転。現在は慶應義塾大学三田キャンパスの正門近くに店舗がある。

ツイッターで心配の声が挙がる

営業を再開した3日午後には長蛇の列ができていた。
営業を再開した3日午後には長蛇の列ができていた。

   二郎のラーメンは、どんぶりからこぼれ落ちそうなくらいの麺、スープの上に、大量の野菜と肉が盛りつけられているのが特徴だ。スープ、肉は極限まで油っぽく、「二郎はラーメンではない。二郎という食べ物なのだ」とも言われる。そんな二郎に魅せられ、足繁く通うファンのことを「ジロリアン」と呼ぶのだそうだ。

   メディアにも度々紹介され、多くの人が知るラーメン店だったが2012年1月31日、ジロリアンから、店が臨時休業しているという報告がツイッターに寄せられた。

   二郎の行列は三田の名物だったのに、休業とは大変寂しい。呟きの中には、二郎の下水関係で何かあったのではないかと心配する声もあった。

下水工事完了「今日からやっています」

   一体どうしたのか。J-CASTニュースが2月3日14時過ぎに二郎本店の様子を見に行くと、十人ほどの行列ができていた。営業を再開したようだ。

   営業を終了する15時30分頃、店主に話を聞くことができた。1月31日から2月1日にかけて下水工事をし、3日から営業を再開したという。「もう下水も綺麗になりました。今日からやっています」と恐縮しながら話していた。

   ツイッターには3日、店を訪れた客から「今日から営業再開!11:30から一時間並んだ」「三田二郎大行列w」という呟きが寄せられていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中