2019年 10月 17日 (木)

NHKで初音ミク特集 番組オリジナル曲が大人気に

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   NHKのニュース解説番組でボーカロイド、初音ミク特集が放送された。番組オリジナルの楽曲まで制作するほどの力の入れっぷりで、ネットで話題 となっている。

   2012年2月4日放送の「週刊ニュース深読み」で、「今なぜ世界で人気? ニッポンの『歌姫』」という特集が組まれ、現在、アメリカやヨー ロッパで注目を集めている由紀さおりさんとともに、初音ミクが、世界で人気となっている「バーチャル・シンガー」として取り上げられた。

「ヒットがヒットを呼ぶシステム」

   スタジオでは小野文恵アナが緑色のカツラを被り、ネギの模型を持って初音ミクのコスプレを披露。初音ミクを「コンピューターで作られた実在しない歌手」と説明し、2011年に米ロサンゼルスでコンサートが開かれたことや、日本の自動車メーカーのイメージキャラクターにまでなっていることなどが紹介された。

   人気になった経緯について、初期の人気曲「みくみくにしてあげる」を例にとり、まず、誰かが初音ミクの曲を作ってニコニコ動画にアップすると、それを気に入った人が、曲にアニメを付ける。それが人気となると、今度は3Dアニメバージョンを作ったり、「踊ってみた」動画を投稿したりする人 が出てきて、また話題になるなど、「ヒットがヒットを呼ぶシステム」が出来ていると丁寧に解説。ニコ動からYouTubeに動画が転載されて、世界にも飛び火したとしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中