2018年 7月 23日 (月)

押尾学被告、懲役2年6月の実刑確定へ

印刷

   合成麻薬MDMAを一緒に服用した女性の容体急変後も必要な救護措置を取らなかったとして、1、2審で保護責任者遺棄罪などで懲役2年6月とされた元俳優・押尾学被告(33)について、最高裁第一小法廷(宮川光治裁判長)は2012年2月13日の決定で被告の上告を棄却した。実刑判決が確定する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中