2号機の温度急上昇、「原因はケーブル断線」 東電が報告

印刷

   福島第1原発2号機で原子炉内の温度が急上昇した問題について、東京電力は2012年2月15日、原因は電気ケーブルが海水や高温などから断線状態になったことにあると明らかにした。同時に、そのことと対策について、経産省原子力安全・保安院に報告した。

   東電によると、ケーブルを塩水や蒸気に触れさせる実験で、状況をほぼ再現できたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中