2021年 9月 26日 (日)

デパートの「屋上遊園地」は消えるのか レトロな「昭和の記憶」に癒される人も

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   かつてはデパートにつきものだった「屋上遊園地」を、最近めっきり見なくなった。いまや都心では松坂屋上野店、京王百貨店新宿店など数か所を残すのみだ。

   「昭和」の名残とも言える貴重な遊戯施設は、このまま消えていくのか。

「元祖」の松屋浅草も閉鎖

松坂屋上野店「屋上遊園」。日曜の昼下がりとあって親子連れの姿が多数見られた(2012年2月12日撮影)
松坂屋上野店「屋上遊園」。日曜の昼下がりとあって親子連れの姿が多数見られた(2012年2月12日撮影)

   現在のような形の「屋上遊園地」の第一号は、松屋浅草の屋上に1931年作られた「スポーツランド」とされる。戦後に入ると全国の百貨店に広がった。50年代から60年代にかけては、デパートの屋上には必ず自動木馬やさまざまな遊戯装置が並ぶ遊園地があって人気だった。

   ところが、70年代に入ってデパート火災が相次ぎ、消防法の改正で屋上利用の規制が厳しくなった。さらにはゲームセンターや本格的なテーマパークなど他のアミューズメント施設の台頭などに押され、徐々に姿を消していった。

   2010年5月、「元祖」の松屋浅草では業績不振などを理由に4階以上のフロアの営業を打ち切り、それに伴い屋上の遊園地も閉鎖された。東急百貨店東横店の「プレイランド」も建て替えによる東館取り壊しのため、2013年いっぱいで営業を終えることが決まっている。改装後の屋上の使い道は「まだ計画中」だという。

   関西でも半世紀にわたって親しまれた京都高島屋が2012年1月、屋上遊園地から撤退した。利用客の減少や施設の老朽化などが原因だと報じられている。

   日本百貨店協会によれば、百貨店の屋上の使い道について特に調査したことがないという。実際には、緑地やペットショップ、園芸用品店、スポーツクラブなどに転用するケースが多いようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中