1歳児の裸でも児童ポルノ 警察「提供する目的の問題」

印刷

   1歳女児の裸の写真を男性に提供したとして、長野県在住のパート従業員女性(43)が、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕された。一般常識では、まだ赤ちゃんだが、どんな場合に児童ポルノとみなされるのだろうか。

   逮捕された女性は、なんと女児の母親だった。

実母10人など検挙の広域事件と関連

   宮城県警岩沼署などによると、女性は2010年4月7日に、女児の裸の写真と動画を携帯電話のカメラで撮り、携帯サイトのネットオークションで知り合った神奈川県在住の会社員男性(44)に複数を携帯メールに添付して送った疑いがある。生活が苦しくて犯行に手を染め、男性から6000円を受け取ったといい、12年2月23日に逮捕された。男性は、写真などを保存していただけのため、犯罪とはみなされなかった。

   児童ポルノと判断された女児の裸写真は、どんなものだったのか。性的な興味はなく、かわいいと思って撮った1歳児の普通の裸写真などでも、提供すれば違法とみなされてしまうのか。

   この点について、岩沼署の副署長は、取材に対し、こう説明する。

「女児が撮られたポーズなどについては、わいせつ写真だとしか言えません。親が裸のスナップ写真を販売目的でネット上で相手に渡せば、そうみなされます。要は、提供する目的の問題です。普通にかわいいというのと目的が違っています。普通なら写真などを売らないでしょうし」

   赤ちゃんの写真に性的な興味を持つというのも、不可解な点だ。

   これについては、「こちらでも分かりません。性癖の問題だと思います」としている。

   実は、今回のケースは、宮城県警が警視庁と合同捜査本部を作って、09年6月から実母10人を含む計15人ほどを検挙した広域事件と関連するものだ。

   これらの事件では、別の1歳児なども被害に遭っており、新聞各紙によると、赤ちゃんへの犯罪としては、かなり卑わいなものだったらしい。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中