2020年 11月 24日 (火)

東京マラソンのAKBバナナは甘かったのか NHKの糖度計測が話題に

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   東京マラソンでランナーに配られていたバナナが、熟成時にAKBの楽曲を聴かせていた特殊なバナナだったことがネットで話題だ。NHKがニュース番組で紹介した際に、わざわざ糖度を計測して「効果」を調べたこともあり、色々な意見が寄せられている。

   2012年2月26日に行われた東京マラソンには、大手果物輸入会社ドールが協賛。給食ポイントで9万5000本もの大量のバナナが提供された。

東洋大学にあやかり「ヘビーローテーション」を聴かせる

   「東京マラソン2012専用バナナ」として、「極撰」という糖度の高いバナナを採用した。「極撰」自体は普段も同社が販売しているバナナなのだが、東京マラソン専用バナナということで特殊な作業工程が設けられた。

   バナナは通常商品として店頭に並ぶまでに1週間ほど熟成される。今回の東京マラソン専用バナナには、1月の箱根駅伝で優勝した東洋大学の選手たちが「やる気の出る曲」として挙げていたAKB48の楽曲「ヘビーローテーション」を熟成中、ノンストップで聞かせ続けていたのだという。

   その様子が2月24日放送のNHKの報道番組「おはよう日本」でも紹介された。リポーターが都内のバナナ倉庫から現地リポート。ドール社の担当者が「ワインや酒を醸造するときにモーツァルトなどを聴かせることがあると聞いた。バナナも熟成期間があるので音楽を聴かせることを思いついた」と話し、糖度の計測が行われた。AKBを聴かせなかったバナナが21.5度だったのに対し、聴かせたバナナは22.4度とわずかながら高かった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中