菅前首相、民間事故調報告書に「ありがたい」

印刷

   菅直人前首相は2012年2月28日、東京電力福島第1原子力発電所の事故について民間の事故調査委員会が報告書をまとめたことを受け、「公平に評価していただき、大変有り難い」などとする談話を発表した。報告書では、菅前首相が東電の撤退を拒否し、統合対策本部を設定したことについて「一定の効果を上げたことは認めるべき」だと記述していた。一方で、報告書が菅首相について「現場に介入して混乱を招いた」などと批判している点については、特に反論しなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中