東南海・南海地震の津波から住民を救え! 現代版「ノアの箱舟」計画が四国で始動

印刷

   東日本大震災の大津波被害の教訓を踏まえ、四国では津波に襲われる前に住民を避難させる救命艇配備の検討が始まった。現代版「ノアの箱舟」計画として注目され、2012年夏までに開発や設置のための総費用や救命艇の仕様などの概要を決めることになっている。

   2012年2月29日には高知市で第1回「津波対応型救命艇に関する検討会」が開かれ、地元大学の研究者や企業の参加者が意見を交換した。

トイレを付け、食料も数日分を詰め込む

   現代版「ノアの箱舟」計画は、東日本大震災の津波で逃げ遅れた多数の住民がいたことを踏まえ、将来発生すると言われる東南海・南海地震の巨大津波に備えようと国土交通省四国運輸局が主体となって進めている。

   特に高台に移動するなど身体的、体力的に避難が困難なお年寄りや子供を救助しようというのが狙いの一つで、一隻あたり300万円から400万円かけ、25人から50人乗りの救命艇を太平洋沿岸地域に1千隻配置する。トイレを付け、食料も数日分を詰め込む。設置場所は保育園や老人ホームの屋上を中心にする、などの案が挙がっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中