2018年 7月 20日 (金)

3県警が連携不足と遺族に謝罪 長崎ストーカー殺人事件で

印刷

   長崎県西海市のストーカー殺人事件について、千葉、長崎、三重の3県警が2012年3月5日、連携不足を認めて遺族に謝罪した。

   検証した結果、殺された女性(当時23歳)の知人らに容疑者から脅迫メールが届いていることを父親(58)が3県警に訴えたものの、どこも内容を確認していなかったことが分かったという。こうしたことを受けて、警察庁は、男女トラブルの相談を警察本部と署長が指揮することなどを各都道府県警に通達した。

   謝罪された山下さんは、「二度と今回のような事件が起こらないことを切望します」との手記を明らかにした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中