2018年 12月 10日 (月)

AKB「ぐぐたす選抜」センターに大抜擢! 「はるきゃん」石田晴香とは

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   AKB48「ぐぐたす選抜」のミュージックビデオの立ち位置が、2012年3月5日にプロデューサー・秋元康氏のGoogle+で発表された。センターポジションに立つのは、チームBの石田晴香さん(はるきゃん)だ。

   これまでシングルCD収録曲を歌う機会が少なく、メディア露出もあまりなかったため、ほかのメンバーに比べ知名度があるとは言えない。石田さんとはどういう人物なのか。

センター発表の瞬間「きたああああああああああ」

秋元氏が立ち位置を発表した投稿
秋元氏が立ち位置を発表した投稿

   ぐぐたす選抜とは、Google+(通称ぐぐたす)でキャラクターを発揮した投稿を数多くしてきたことなどを基準に選ばれ、GoogleのCMに出演するほかCMソングを歌うメンバーのことだ。この曲は5月に発売されるシングルCDのカップリングに収録される予定だという。

   12年2月13日に初めて秋元氏から「ぐぐたすのメンバーでコマーシャルを撮る」こと、いつもの選抜とは違うメンバーになるであろうことが発表された。3月1日から4日にかけてメンバーが発表され、選抜総選挙で上位だったチームAの高城亜樹さん、SKE48チームSの松井玲奈さんらだけでなく、これまでメディア露出の少ないチームKの田名部生来さん(たなみん)、NMB48チームNの山口夕輝さん(ゆっぴ)ら16人が名を連ねた。

   2ちゃんねるではメンバーの名前が1人1人発表されるたびに大盛り上がりだった。2日目に山口さんの名前が挙がったときは「おおおお山口wwww」「ゆっぴいいいいいいいいいいい 本当マジだなこの選抜」、3日目に田名部さんの名前が挙がったときは「たなみんwwwwwww大穴ktkr(来たこれ)」「これは結構サプライズか」などと書き込まれた。

   そして5日23時、16人の立ち位置が発表される。秋元氏が「センターは…………石田晴香。」と投稿した瞬間、2ちゃんねるでは「すげええええええええええええ」「きたああああああああああ」「はるきゃんおめえええええええええええええええええええええええええええええええ」など歓喜の雄叫びが並んだ。秋元氏は石田さんをセンターに抜擢した理由を明かしていないが、ファンは「可愛さに磨きがかかってきたからなあ」「ぶっちゃけホリプロ(石田さんの所属事務所)力がかなり大きいだろう」などさまざまな憶測を立てている。

   石田さん以外はGoogle+での貢献度ではなく総選挙の順位を重視した立ち位置となったが、「さすがに人気メンバー前列に来ないとグーグル側も納得しないだろ(中略)ここまでやっただけでも十分凄いよ」と理解を示す書き込みが見られる。

遅い昇格、総選挙27位からの圏外…隠れた苦労人

   石田さんは発表を受け、Google+で「まじで、、、?ドッキリ?ええええええええええええええ?????」と驚きを隠せないコメントを投稿。その後「頑張ってるけどこれからもがしがし頑張りますので応援、宜しくお願い致します!!!!!!!!!!!!」と決意表明した。

   石田さんは埼玉県出身の18歳だ。小柄で華奢な体から繰り出す表現力のあるダンスが評価されており、チームBキャプテンの柏木由紀さんは「ダンスはピカイチ」と讃えている。 2007年、AKB48の5期生オーディションに合格、10年5月にチームBに昇格した。この間2年8か月かかっており、それまでで一番昇格に時間がかかったメンバーだ。10年の第2回選抜総選挙では27位にランクインしカップリング曲を歌う、選抜じゃんけん大会では2位で初の選抜メンバー、メディア選抜入りを果たすなど順調に階段をのぼっているように見えたが、11年の第3回選抜総選挙では圏外。選抜じゃんけん大会も2回戦で敗退し、またスターダムから遠ざかってしまったように見えた。無愛想で不機嫌になりやすい性格、遅刻癖などが問題視されており、それが影響したと見る向きもあった。正規メンバーから降格させられるのではという噂がささやかれたこともある。

   しかし11年12月に行われたテレビアニメ「AKB0048」の声優オーディションに合格、同時期に登録したGoogle+でも歯に衣着せぬ物言いが注目を集め、再びスポットライトが当たり始めていた。

   毒のある発言に隠れた努力が実を結び、「遅咲きの苦労人」にチャンスの順番が回ってきたようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中