2021年 7月 26日 (月)

警察「脱法」vs利用者「合法」 「危ないドラッグ」攻防続く

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   警視庁が「脱法ドラッグ」を使った男性をコカイン使用の容疑で誤認逮捕していたことが分かった。それだけ成分が似ていたらしいが、なぜそんな「危ない」ものが堂々と流通しているのか。

「部屋に5人ぐらい押しかけてきている」

   きっかけは、東京都内の無職男性(27)が2012年3月9日昼過ぎに自らこう110番したことだった。

コカインを使用したと誤認逮捕

   警視庁小金井署員が駆けつけたところ、部屋には男性しかいなかった。さらに聞くと、不審な言動をしたため、任意同行した結果、ズボンのポケットに白い粉末の入ったプラスチックケース3つを所持しているのが分かった。粉末を簡易鑑定すると、コカインのような反応が出たために現行犯逮捕した。ところが、警視庁科学捜査研究所で12日に正式鑑定したところ、「脱法ドラッグ」の1つと判明した。

   通称「α-PVP」と呼ばれるもので、コカインと同様、幻覚が現れるなどの症状を示すという。しかし、吸引しても違法とはならず、尿検査でもコカインの反応はなかったため、男性はこの日のうちに釈放された。このドラッグは、東京・新宿で買ったといい、男性は「合法ドラッグだ」と主張したとしている。

   薬事法では、厚労省が指定した薬物68種類の販売、譲渡などを禁止しているが、α-PVPは、この中にすら入っていない。

   この種類に限らず、成分の分子構造を一部変えただけの「脱法ドラッグ」が、専門店や自販機、ネット上などで多数流通している。そして、ドラッグを吸引して、意識障害や呼吸困難などに陥り、救急搬送されるケースが全国で相次いでいると報じられている。中には、死亡例もあるようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中