「切り餅」佐藤食品工業に8億円賠償命令 知財高裁

印刷

   切り餅の「切り込み」をめぐる特許権侵害訴訟で、知財高裁(飯村敏明裁判長)は2012年3月22日、「サトウの切り餅」で知られる佐藤食品工業(新潟市)に約8億円の賠償や関係5商品の製造・販売差し止めなどを命じた。越後製菓(新潟県長岡市)が訴えていた。

   判決などによると、越後製菓が側面に切り込みを入れた餅の特許を取得する一方、佐藤食品工業は側面に加え上下面にも切り込みを入れて販売していた。

   佐藤食品工業は、判決を不服とし、上告する方針だ。2011年12月以降の商品は、切り込み面を上下面のみにしており、「判決による製造・販売への影響はないと考えている」とコメントしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中