2019年 9月 21日 (土)

小森純が反論して号泣 「タトゥー、全然悪いと思わない」

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   タレントの小森純さん(26)がテレビ番組で「タトゥーは全然悪いと思わない」と涙声で訴えて、ネット上で話題になっている。純さんは、タトゥーはただのファッションではないというのだ。

   「顔をイジりました」とあっけらかん「整形」告白をした小森純さんが、今度は、自らの身に彫ったというタトゥーについても持論をぶった。

江角マキコさん、番組で疑問を突く

なぜタトゥーを入れたのか
なぜタトゥーを入れたのか

   TBS系のバラエティ番組「私の何がイケないの?」は、2012年3月22日夜は女性の悩みワースト20を特集した。その中で、「タトゥーを入れた事を後悔」がワースト10位に入り、司会の1人、江角マキコさん(45)もタトゥーについて否定的な見解を明かした。

   マキコさんは、今カッコイイことより、何年か先のことを考えてほしいとして、「ファッションとかお洒落っていうのでは反対!」と声を上げた。これに対し、ゲスト出演した小森純さんは、ムキになって「タトゥーは全然悪いと思わないですよ、うちは」と反論したのだ。

   純さんは、日本でも、そのファッション性で自分たちを魅せるためのものとして、新しい若者たちにも受け入れられていると主張した。そして、自らの足などにもタトゥーが結構入っていると明かし、「批判されすぎてもイヤになってくる」とぶちまけた。  さらに、涙声になって、こう続けた。

「色んな意味があって、きっと入れてる人も入れてるんですよ。色んなことを抱えて。でも、なんかそのことがあって忘れたいから、入れることによってどっか強くなれるとか。そんだけ弱い…」

   涙をポロポロ流しながら、後悔しているかもしれないが、「後悔してる」って言いたくないともした。

   これに対し、マキコさんは、まったくたじろぐ様子はなかった。

   「あの子のタトゥー、お洒落タトゥー、とは違うんだっていう気持ちとか、ちょっと面倒臭くない?」。すかさず、純さんにこう尋ねたのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中