2018年 7月 20日 (金)

橋下大阪市長ウォッチ
審議紛糾に「最悪でしょう?」 傍聴席に話しかける

印刷

   審議が再三、中断した大阪市議会について、橋下徹大阪市長は、傍聴席市民に「最悪でしょう?休憩」と話しかけた。

   2012年3月27日の大阪市議会の最終日審議は紛糾した結果、結局翌朝5時近くまでかかった。大阪維新の会市議が、市交通局の組合を追及する際に使った資料が捏造と分かり、この市議への対応などをめぐり、断続的にもめたのだ。

「身内の催しになってしまう」

橋下市長は、大阪市議会の「未明まで審議」を疑問視した。
橋下市長は、大阪市議会の「未明まで審議」を疑問視した。

   3月27日午後、議会が休憩に入った際、橋下市長は傍聴席の支持者らと目があったのか、傍聴席に向かって手を振って、

「最悪でしょう?休憩。今日は始まらないから、帰られたほうがいいんじゃないですか」

と、やや大きな声で話しかけた。傍聴席からはどっと笑い声がおこった。

   翌28日の朝5時前に議会を終えた橋下市長は、報道陣に、

「こういう形で(議会を)運営しているとね、身内の催しになってしまうんじゃないでしょうかね」

と、「未明まで審議」を疑問視した。傍聴者の市民への配慮が必要ではないか、というわけだ。

   大阪市議会は、2012年度の一般会計当初予算案などを可決して閉会した。橋下市長が主導した職員基本条例案は、継続審議となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中