2018年 7月 22日 (日)

前田敦子ファン「ショックで切腹自殺」 メディアが報道、中国でデマ広がる

印刷

   AKB前田敦子さんの「卒業」にショックを受けたファンが切腹した、と中国メディアが報じた。もちろんデマなのだが、複数の中国メディアが報じており、向こうでは多くの人が信じてしまったようだ。

   AKBについては中国でも関心が高く、前田さんの卒業も話題になっていたが、2012年3月26日、中国の大手新聞、人民日報の運営するニュースサイト人民網に「前田敦子卒業を電撃発表 ファンは切腹自殺」という記事が掲載された。

男性ファンがカッターで切腹を図ったと報道

ファン切腹を報じる中国メディア。
ファン切腹を報じる中国メディア。

   それによると、突然の卒業発表に対して、会場の外にいた「30歳前後」の男性ファンが激しく興奮。持っていたカッターナイフで腹を切って自殺を図った。男性は救急車で病院に運ばれたという。会場の中では、感情的になって生写真を燃やすファンなどが続出。警察が出動して「秩序維持」に当たったとしている。

   もちろん、このようなことは日本では報じられておらず、デマだ。しかし、中国では多くのメディアによってファン切腹が報じられた。「幸いなことに男性ファンは直ちに救助され生還した」なんて記事もある。

中国ネットユーザー困惑「なんで切腹するの?」

   中国ネットではかなり話題になっていたようで、中国版ツイッター「weibo」には、

「なんで切腹するの? 別に前田敦子は引退するわけじゃないのに」
「自分を愛せない人が他人を愛せますか?」
「あっちゃんは人気実力美貌、すべて兼ね備えている。前途は明るいから切腹する必要はない」
「なぜ小鬼子(日本人の蔑称)は首ではなく腹を切るのが好きなんだ」

といった書き込みが寄せられた。多くの人が信じているようだ。

   なぜデマが広がったかは明らかではないが、記事によっては「weiboによると」というものもある。ある中国ニュースサイトは、記事の中で「(ファン切腹は)日本の公式ニュースサイトでは確認できておらずweiboユーザーの誤報の可能性が高い」としていた。

   また、別のサイトでは「現場にいた記者は『会場で嘔吐するファンもいた』と話したが、『切腹自殺』については否定した」と報じている。向こうでは本当に情報が錯綜していたようだ。27日には、台湾の大手紙、聯合新聞も切腹を報じた。

   中国の掲示板では「みなさんこんにちは。これはweiboの偽ニュースです」と書きこまれていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中