2019年 5月 23日 (木)

「『仰げば尊し』に異論」 「教師への尊敬を強要」しているのか

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   卒業式で「仰げば尊し」を歌うことに異論を唱える公立学校教職員らがいる、と改めて注目されている。歌詞の一部が「教師への尊敬を強要するものだ」という趣旨のようだ。

   大阪府立高の卒業式で「国歌斉唱の口元チェック」を指示したと報じられた、和泉高校の中原徹校長が、週刊ポスト最新号の記事中で、「仰げば尊し」に校内で異論があったことを指摘したのが、注目を集めたきっかけだ。

「もう別の歌に替えてもいいのでは」

   中原校長に話を聞いた。中原校長は弁護士で、橋下徹・大阪市長の友人だ。橋下氏が府知事時代、民間人校長として採用された。

   中原校長は、卒業式で「仰げば尊し」を歌うことに対し、「もう別の歌に替えてもいいのでは」と異論を唱える教職員がいることを知り、卒業式の前、教職員間で話し合いをした。これまでも議論を重視し、話し合いを通じて解決してきたという。

   「仰げば尊し」へ異論があることを最初に耳にした際は、「異論がある理由・意味が分からなかった」。校長になる前に約10年間、アメリカの弁護士事務所で働いていたこともあり、ピンと来なかったのだ。

   ベテラン教員に聞いてみると、君が代問題は府の起立斉唱条例ができたので、「仰げば尊し」の方を問題視する教職員もいるようだ、との解説だった。

   約60人の教職員のうち、異論を述べたのは2人程度だ。「教師が自分の方から『ほめろ』と生徒に求めるのはおかしい」といった理由だった。しかし、3年生の担当団の教員らが「『仰げば尊し』を歌うのはこの学校の伝統だし、歌った方がよい」という意見だったことで、異論を述べた教職員も「それなら」と歌うことを受け入れた。

   卒業式後、中原校長が約30人のPTAの保護者に「仰げば尊し」の感想を聞いたところ、「小中学校の卒業式では歌わないことが多いので、懐かしかった」といった意見が多く、「仰げば尊し」を歌うことへの反対論はなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中