2020年 7月 3日 (金)

忙しすぎて病んだ?15歳松井珠理奈 握手会後に「身体が動かなくなって…」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   SKE48でセンターポジションを務める松井珠理奈さん(15)が体調を崩し、ファンの間に不安が広がっている。

   松井さんはAKB48のチームKのメンバーを兼任することが発表されているほか、AKB48のシングル曲を選抜メンバーとして歌う機会が多く、SKE48の本拠地・名古屋と東京を行き来することが多い。まだ15歳の体と心に大きすぎるプレッシャーがかかったのだろうか。

「もう少し大人しくしているほうがいいみたい」

   松井さんは2012年2月末に体調を崩し、握手会や公演を休む機会が増えていた。当時のブログでは「握手会、最後まで乗り切ろうと思っていましたが、一部が終わってから…身体が動かなくなって、気がついたらお家でした」と書いている。

   AKB48のチームKに加入、SKE48と兼任することが発表された翌日3月25日のさいたまスーパーアリーナでのコンサートでは、体調不良により1曲しか出演できなかった。歌い終わった後「スタッフさんに今日はお休みした方がいいと言われたけど、1曲だけ出演させていただくことになりました」と話した。

   この日2ちゃんねるの松井さん応援スレッドでは、「公演やコンサートのステージを誰より大切に思い楽しみにしているじゅりなが出ないなんて......(兼任発表が)よっぽど堪えたんだな」「珠理奈のSKE愛わかっててわざと精神的プレッシャー与えてんのか?」など、精神面を心配する書き込みが多く寄せられた。プロデューサーの秋元康氏はGoogle+で「マネージャー、レコード会社含めて、珠理奈の健康を第一優先で考えるように指示してあります(中略)運営が勝手に突っ走っているわけではないので、ご安心を」と釈明している。

   しかし4月1日に大阪で行われた握手会も体調不良で欠席。SKE48劇場支配人の湯浅洋氏はツイッターで「珠理奈の状態ですが、ゆっくり寝かせて頂いています。大きな音を聴いたり、大きな話し声を聞くと気持ち悪くなってしまいます」と報告した。松井さんは翌2日に13日ぶりのブログを更新し、「パワー全開でみなさんにお会いするには、もう少し大人しくしているほうがいいみたいです。歌も踊りも大好きなので、しっかり体力をつけてまた全力で頑張ります!」と書いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中