2019年 11月 16日 (土)

鳩山元首相イラン行きに「悲鳴」 「羽交い締めにしてでも止めて」の声

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   鳩山由紀夫元首相が、イラン大統領との現地会談を予定している。イランの核開発問題をめぐる原油供給への影響に注目が集まる微妙な時期に、普天間問題を迷走させた鳩山氏が首を突っ込むことに、国会では「羽交い締めにしてでも止めて」と悲鳴にも似た指摘が出た。

   政権内でも頭を抱えている。野田佳彦首相や玄葉光一郎外相が、二元外交にならないよう、イラン訪問の中止要請をする可能性も示した。

鳩山氏は民主党の「外交担当最高顧問」

鳩山元首相はどんな「外交手腕」を見せるのか(撮影は首相在任時)。
鳩山元首相はどんな「外交手腕」を見せるのか(撮影は首相在任時)。

   野田首相は2012年4月5日、参院予算委員会で、鳩山氏のイラン訪問予定について懸念を示した。国の立場と「整合的でなくてはいけない」として、意志疎通を図ると述べた。

   鳩山氏は4月6日からイランを訪れ、アフマディネジャド大統領との会談を予定している。鳩山氏は民主党の「外交担当最高顧問」に起用されているが、「訪問は政府、党の要請ではない」(野田首相)。個人の活動というわけだ。

   同じ予算委で、玄葉外相は、鳩山氏への訪問中止要請について、「そういう働きかけを全くしていないわけではない」と認めた。さらに「二元外交にならないよう、慎重な対応を促したい」と不快感を示した。

   質問に立った自民党の山本一太議員は、「絶対ろくなことにならない。羽交い締めにしてでも止めて下さい。日本の国益のために」と主張した。

   ネットのツイッターでは、平将明衆院議員(自民党)が、山本氏の発言に賛同し、「百害あって一利なし」と鳩山氏の訪問を批判した。軍事アナリストの小川和久氏は、鳩山氏のイラン行きの「最も大きなリスク」を質問され、「鳩山さんが行くこと自体です」と回答した。

   逢沢一郎衆院議員(自民)は、イラン訪問に懸念を示しつつ、そもそも鳩山氏を「外交担当」に起用したことをツイッターで問題視した。「こんなポストにつけるのが、どうかしている。(イラン訪問のような事態になるのは)そりゃそうでしょう。民主党何考えているんだろう」。

   ほかにも、「誰か(鳩山氏を)止めろよ」とあきれた様子の声が多い。「鳩山いらん」「イランことするな」とだじゃれを交えたつぶやきもある。

   一部には、「こういうしたたかさが必要だ」といった擁護論も見受けられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中