2019年 8月 21日 (水)

ジブリ「紅の豚」放送中、ツイッター盛り上がる ジーナ役・加藤登紀子が「つぶやき」参戦

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   スタジオジブリの名作アニメ映画「紅の豚」が日本テレビ系で放送された際、テレビを見ながらネットのツイッターで感想を述べ合っていたファンらが大興奮する出来事が起きた。

   ヒロイン「マダム・ジーナ」役の声を担当したシンガーソングライターの加藤登紀子さんが、放送時間帯に自身のツイッターで作品について、つぶやき始めたのだ。

「加藤登紀子さんも観てるとは…!」

   「紅の豚」は1992年のスタジオジブリ作品。世界大恐慌時のイタリア・アドリア海を舞台に飛行艇乗りの男・ポルコの生き様を描いた物語で、「男のロマンが詰まっている」と、熱烈なファンも多い。2012年4月6日夜、「金曜ロードSHOW!」で放送された。

   放送を楽しみにしていたファンらは、番組が始まるとさっそくツイッターで、

「ポルコー!」「男の夢だよな」

などと盛り上がった。マダム・ジーナと、もうひとりのヒロイン、フィオ・ピッコロのどちらが好きかを巡る意見交換も熱を帯びた。

   そんな中、放送開始から約30分後、「飛ばねえ豚はただの豚だ!」というポルコの名台詞とともに加藤さんがツイートを始めた。

   するとファンの間で、

「加藤登紀子さんも観てるとは…!」「待ってました!」

と驚きを交えた多くの反応が行き交った。

   加藤さんはツイートを続け、自らに魔法をかけて豚の姿となり、イタリア空軍から去ったポルコについて、

「ファシストになるより豚のほうがましだ。わかる?この時代背景。ムッソリーニが登場してからのイタリア。ポルコはいうなれば脱走兵。秘密警察の尾行を巻いて、、」

と熱く語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中