松浦亜弥Twitterひっそり終了 「なんでやめちゃうの」の声

印刷

   「子宮内膜症」を患っていることを公表し、現在活動を縮小している歌手の松浦亜弥さんが2012年4月10日、ツイッターの更新をひっそりと終了させた。ファンにとっては数少ない松浦さんとの接点だっただけに、ネット上では残念だとの声があがっている。

   松浦さんの最後のツイートは、

「10周年記念で始めたTwitter、気まぐれでのつぶやきでしたが楽しかったです笑 最後のtweetは、ニューヘアー&まつエクメンテナンス後&Newネイルでバイバイ~ありがとうございました」で、ネイルを見せながら笑顔でピースしている写真をアップした。現在、松浦さんのアカウントは非公開に設定されている。

ライブ活動やブログの更新も少なかった

   デビュー10周年記念の期間限定として2010年9月29日からツイッターを始め、ファンと交流していた。しかし、その後「子宮内膜症」と診断を受けたことを所属事務所のサイトと本人のブログで公表し、「今年(2011年)はデビュー10周年。私にとってもファンの皆様にとっても大切な年。皆さんの声を聞いているのに何もしないで終わるなんてできない」と無理をしない範囲での活動を続けていくとしていた。

   唯一のレギュラー番組だった「メレンゲの気持ち」を2011年9月いっぱいで降板したほか、ライブ活動やブログの更新も少なく、ツイッターが松浦さんと交流できる数少ない場所だった。

   ツイッター終了を受けて、ファンからは「なんでやめちゃうの?」「そんな…。あやさんに触れる少ない機会だったのに」「期間限定だったの!?楽しかったのに…」などのリプライが寄せられている。

   果たして松浦さんのツイッターは再開することがあるのだろうか。所属事務所のアップフロントエージェンシーに問い合わせたところ、担当者が不在ということだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中