2018年 5月 22日 (火)

彼氏に勤めてほしい会社No1は三菱商事 女子の本音はカネと「安定」

印刷

   彼女が選んだ「彼氏に勤務してほしい企業ランキング」の第1位に、三菱商事が輝いた。

   企業の口コミ情報サイト「キャリコネ」を運営するグローバルウェイが、2013年3月に卒業予定の大学生と大学院生を対象に行ったアンケート調査によるもので、2位にソニー、3位にトヨタ自動車と続く。女性から見て、どんな魅力があるのだろう。

総合商社トップの平均年収1358万円

「彼氏が三菱商事に勤めればいいなぁ」と思っている女性が少なくない(写真はイメージ)
「彼氏が三菱商事に勤めればいいなぁ」と思っている女性が少なくない(写真はイメージ)

   グローバルウェイの「彼氏に勤務していてほしい企業ランキング」によると、第1位が三菱商事。以下、ソニー、トヨタ、パナソニック、電通、三菱東京UFJ銀行、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、NTT東日本と博報堂、がトップ10を占めた(キャリコネ調べ、回答数は1105人)。

   こうしてみると、薄型テレビの不振で業績悪化が著しい電機メーカーからも、ソニーとパナソニックがトップ10入りしているので、相変わらず大手企業の「不倒神話」が根強いことや「イメージ先行」は否めないが、どれも誰もが知っている有名企業ばかりだ。

   彼女が選んだ企業なので、「そうあってほしい」という願望もあるだろう。大手企業ならば、との「安心感」もある。

   そんな結果に、企業や就活情報に詳しいヴィベアータの新田龍氏は、比較的に平均年収の高い、総合商社やメガバンク、広告代理店を選んでくるあたり、「したたかな女子の本音が読みとれる」という。

   なかでも、総合商社は人気の的。三菱商事を筆頭に、三井物産(7位)、伊藤忠商事(8位)、住友商事(9位)がトップ10入りを果たした。

   グローバルウェイの各務正人氏は、「最近、商社は鉱山などの資源買収などで、メディアへの露出が増えています。企業の海外進出が注目されるなか、早くから世界を相手に活動していましたし事業領域の広く、収益力もあります。そんなことから堅実なイメージがあるのでしょう」と分析する。

   三菱商事にしても、ブルネイでのLNG開発事業への投資をいち早く手がけ、またオーストラリアやカナダの鉄鉱石や原料炭、メキシコの塩田事業と、単なる商取引にとどまらない開発投資型のビジネスをグローバルに展開している。

   女性にとってはビジネスとは別に、海外生活への憧れも少なからずある。

   一方、気になる年収だが、同社の有価証券報告書(11年3月期)によると社員の平均年齢は43.1歳、平均勤続年数19.3年で、平均年収の1358万7780円は総合商社でトップだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中