2020年 7月 3日 (金)

彼氏に勤めてほしい会社No1は三菱商事 女子の本音はカネと「安定」

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

強固な結束力誇る「三菱」ブランドも魅力

   三菱商事の人気は群を抜いている。そんな同社の、もう一つの強みと思われるのが「三菱」のブランド力だ。

   「三菱ブランド」では、メガバンクでも三菱東京UFJ銀行が唯一トップ10入りを果たしている。

   前出の各務社長は、「三菱のグループ企業が企業再編で、取り込むことはあっても取り込まれることはありません。そんな『勝ち組』のイメージが強くあります」という。たとえば、三菱自動車のリコール隠し問題のときなどもグループをあげて支援した。「あの結束力は(他社には)ありません」と続ける。

   堅実な総合商社であり、かつ強固な結束力を誇る三菱グループの中核企業ともなれば、たしかに「安定感」は抜群だ。

   ちなみに、男性が選んだ「彼女に勤務してほしい企業ランキング」の第1位は資生堂だった(キャリコネ調べ、回答数は3422人)。以下、全日本空輸(ANA)、三菱東京UFJ銀行、花王、三井住友銀行、ソニー、みずほ銀行、日本航空(JAL)、ワコール、東京海上日動火災保険と続く。

   金融機関が10社中4社を占めるのは、知的で安定感がある印象があるためとみられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中