2019年 11月 13日 (水)

「24時間戦えますか」から「笑顔と愛」 あのリゲインCMリメイク版が登場

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「24時間戦えますか?」――。思い起こせば24年前の日本は「元気だった」。バブルの真っ盛りで、みんな浮かれ気分。このフレーズがうけにうけ、流行語大賞にも選ばれたほどだ。いまの日本に本当に必要なのは、戦える「元気」や「勇気」ではないか。

   そんな風に考えたのか、栄養ドリンク「リゲイン」の、あの一世を風靡したテーマソングが「勇気のしるし2012年バージョン」として復活する。

流行語にもなった「24時間戦えますか!」

新テレビCM リゲイン「リジャパン勇気のしるし」編
新テレビCM リゲイン「リジャパン勇気のしるし」編

   45~60歳代のビジネスパーソンなら、このテレビCMは記憶の片隅にあるはずだ。

「♪黄色と黒は勇気のしるし 24時間戦えますか? アタッシュケースに勇気のしるし はるか世界で戦えますか? ビジネスマン、ビジネスマン、ジャパニーズビジネスマン!!」

   時任三郎さんが24時間、元気に飛び回るビジネスパーソンを演じた。世界をまたに駆けて活躍する威勢のいいビジネスマンが、アタッシュケースに忍ばせる「勇気のしるし」が、栄養ドリンクの「リゲイン」だった。

   「24時間戦えますか」は「流行語」にもなった。栄養ドリンクを飲んで、仕事に遊びに「24時間戦った」バブル時代。このテーマソングを聞くと、どこからともなく元気が湧いてくるかもしれない。

   発売元の第一三共ヘルスケアは「リゲイン」の発売24周年を機に、キャンペーン「Regain Rejapanプロジェクト」を、2012年4月19日から開始した。日本の元気を「リゲイン=取り戻す」がテーマだ。

   「あなたにとって勇気のしるしってなんですか?」との問いかけに、「リゲイン」のイメージキャラクターを務める渡哲也さんは「リゲインの意味は取り戻す、です。日本を盛り上げていきましょう」と話し、「日本復興」を掲げる。

   石塚英彦さんは「おかわり自由」という言葉を掲げる。貫地谷しほりさんは「おいしいごはん!」で、「ごはんがおいしいと思えれば、勇気や元気がやってくると思います」と語る。

   電通総研消費者研究センター・消費の未来研究部長の四元正弘氏は、「活力のあった頃の日本を思い出し、そして自分の姿とダブらせて、『前向きに元気出していこうよ』という、いまの日本への、また自分自身への応援歌になるのではないでしょうか」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中