2018年 5月 20日 (日)

食べ物を大きく見せて満腹感 「ダイエットメガネ」を開発

印刷

   食べ物が大きく見えるメガネをかけると、少ない量で満腹感が得られる――そんな「ダイエットメガネ」を、東京大学情報理工学系研究科の廣瀬通孝教授の研究グループが開発した。

   廣瀬教授はバーチャルリアリティ、ヒューマンインタフェース(情報機器と人間とのコミュニケーション)が専門分野で、今回の「ダイエットメガネ」は、バーチャルリアリティー技術で視覚を操作し、内臓感覚とリンクしてみせたものだという。

1.5倍大きく見せたら、食べる量9.3%減少

   廣瀬教授によれば、このメガネを使ってクッキーを食べさせた場合、通常よりクッキーを1.5倍大きく見えるように設定すると満腹を感じるまでの量が平均で9.3%減少した。逆に0.67倍小さくして見せると、満腹になるまで15%多く食べたという。

   実験はまず、20歳から30歳代の男女12人に満腹になるまでクッキーを食べてもらった。その後、ビデオカメラの付いたゴーグルを装着してもらい満腹になるまでクッキーを食べさせた。

実用化も期待できそう?

   ゴーグルはパソコンに繋がれていて、カメラの映像はパソコンで処理され、その映像を見ることになる。映像はクッキーを拡大、縮小するが、クッキーを持つ手の大きさは変えない。

   廣瀬教授によると、実際の量よりも多く見える工夫をすれば、少ない量で満腹感が得られるというのは定説になっているが、それを情報理工学の立場で実証したものだという。もともとダイエットに役立てようとの考えはなかったが、「ダイエットメガネ」の名前が認知され、期待の声も多く寄せられたこともあって、

「これからはクッキーという単体だけではなく、手の込んだ複雑な料理も画像処理できる技術も開発したい」

と抱負を語っている。実用化も期待できそうな雰囲気だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中