2019年 11月 12日 (火)

皇太子さまから正田家に送られてきた写真 「これはどういう意味なんでしょう」
元「お妃選び班記者」佐伯晋さんの取材ノートから(5)

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   「こんな写真が皇太子さまから送られてきたのですが、これはどういう意味なんでしょう」――当時「お妃選び取材班」だった元朝日新聞記者の佐伯晋さん(81)は、美智子さまのご実家、正田家関係者からこんな「逆取材」を受けた。

   佐伯さんも知らない話で、目を丸くして聞いていた。佐伯さんに聞く第5回は、佐伯さんがいつの間にか、取材を通して正田家とお妃選考首脳との間の「触媒になっていた」話をきく。

「私どもも知りたいことがいくつもございますので」

佐伯さんが、美智子さまのご実家邸内で撮った写真は、ほどなく朝日新聞に掲載された。
佐伯さんが、美智子さまのご実家邸内で撮った写真は、ほどなく朝日新聞に掲載された。

――前回では、1958年5月20日に美智子さまの父で日清製粉社長の英三郎さんと初めて会ったときの話が出てきました。

佐伯 英三郎さんは、判で押したように「とんでもない。夢みたいな話です」と4、5回繰り返すだけで、何も情報は取れなかった。20分程度で引き揚げ、2階の社長室を出て正面の広い階段を下りていると、途中で足音が聞こえた。階段を下りきった頃に、その男性(ぼくより少し年上の30歳代に見えた)が名刺を差し出してきた。「社長秘書」とある。岩城晴一さんといって後に日清製粉の監査役をやった人だ。ほどなく分かるが、社長秘書といっても、正田家の執事のような役目も果たしていた人だ。
   その時、岩城さんは「私どもも知りたいことがいくつもございますので、これからもときどきお会いできますでしょうか」と言ってきた。ぼくはびっくりしたけど渡りに船でそれはぜひ、ということになった。
   次に会うのは6月2日。朝日新聞の近くのビアレストランで岩城さんと会ったとき、岩城さんが内ポケットから美智子さんが写った写真を取りだしてぼくと先輩遊軍記者のクリスミさん、栗田純彦さんに見せた。何と皇太子さまが撮影したもので、2月に美智子さんのところへ送られて来たのだそうで、「これはどういう意味なんでしょう」と聞いてきた。
   結果的に、これは前年の1957年10月に美智子さまと2回目のテニスを東京・調布でした皇太子さまが撮った、美智子さんの胸部から上のポートレート写真で、57年11月の宮内庁東宮の展覧会に皇太子さまが出品したものだった。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中