2019年 1月 22日 (火)

侍従によるお妃入り申し込み その日に「たまたま」取材で訪れていた
元「お妃選び班記者」の取材ノートから(7)

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「民間お妃が誕生しても大丈夫、心配ないですよ」

佐伯 当時は詳細不明で数週間後に分かるのだけれど、ぼくが訪問したのと同じ9月18日の朝に、黒木従達・東宮侍従が皇太子さまの名代として正田家を訪れ、美智子さんをお妃としてもらいたいと申し入れたんだ。そして、ここから先はぼくの推測だけど、午後に1時間ぼくが待たされたのも、黒木侍従もしくはその使いの人が再訪して、朝の申し出を再確認する場になっていたのではないかとにらんでいる。
   いずれにせよ、結果的に黒木侍従によるお妃入り申し込みという節目に、たまたまぼくが取材予定を入れていたために、冨美さんの不安の相談に乗る形となり、期せずしてぼくへの信用が深まったようだ。
   ぼくは、「時代は変わってきているので、皇室もいつまでも古い因習にとらわれているわけではないでしょう。民間お妃が誕生しても大丈夫、心配ないですよ」なんてなぐさめていた。正直、半分は「せっかく他社に先行して取材できているのに、正田家が断ると記事にならない。この縁談、うまくいってほしい」という「不純」な動機もまじっていたけれど。

<編集部注:佐伯さんが当時のことを語る際、「民間」時代の美智子さまのことは「美智子さん」と表現しています>


(佐伯晋さんプロフィール)

1931年、東京生まれ。一橋大学経済学部卒。1953年、朝日新聞社入社、社会部員、社会部長などを経て、同社取締役(電波・ニューメディア担当)、専務(編集担当)を歴任した。95年の退任後も同社顧問を務め、99年に顧問を退いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中