2020年 9月 30日 (水)

美智子さま邸へ「潜入」せよ 「秘密のルート」は「裏木戸」
元「お妃選び班記者」の取材ノートから(9)

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!
「日光にあたれない......」

   皇太子さまと美智子さまのご婚約発表を直前に控え、情報をかぎつけた報道陣が、美智子さまの写真を撮ろうと自宅正面に陣取る中、美智子さまのご実家、正田家ではカーテンをたえず下ろすようになっていた。

   一方、「お妃選び取材班」だった元朝日新聞記者の佐伯晋さん(81)は当時、美智子さまと同じ部屋にいて、「日光にあたれない......」という美智子さまのぼやきに耳を傾け、カメラも持ち込み、時折、邸内で美智子さまを撮影していた。多くの取材陣がいる中、どうやって家に入ったのだろうか。佐伯さんに聞く第9回は、「正田邸への秘密のルート」に焦点をあてる。

正田家は事実上の承諾を決めた

美智子さまのご実家があった場所は現在、品川区の公園になっている。
美智子さまのご実家があった場所は現在、品川区の公園になっている。

――前回で1958年11月3日、美智子さまのご実家、正田家の家族会議が箱根のホテルであったと伺いました。父や兄からの反対姿勢は変わらなかったが、美智子さまは結婚の意思を固めていたようだと。

佐伯 その2日後、11月5日夜に宮内庁の黒木従達侍従がまた正田邸を訪れ、皇太子さまとの結婚を申し込んだ。夜に来たというのは明らかに、説得するターゲットは父英三郎さんと兄巌さんだ。皇太子さまの誠意に満ちたお言葉が直々に伝えられ、巌さんらも得心して、正田家は事実上の承諾を決めた。
   このことは11月7日、英三郎さんの秘書、岩城さんから聞いた。詳細な話ではなかったが、あうんの呼吸で概要は分かった。正田家の了承が天皇陛下に報告された11月8日の夜あたりからは、皇太子さまと美智子さんの学友、友人らからご婚約の話が各マスコミへ流れ始める。学友らを「口止め」していた黒木侍従あたりから「話してよい」というゴーサインが出たのだろう。マスコミに対しても黒木侍従が口を開き始める。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中