2020年 1月 28日 (火)

ご婚約発表の日の美智子さま 記者はご実家の中からお見送りした
元「お妃選び班記者」の取材ノートから(10)

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「まあ、お懐かしい」。30年近くたった後も、美智子さまは記者の顔を覚えていて、声をかけてくれた――。

   当時「お妃選び取材班」だった元朝日新聞記者の佐伯晋さん(81)に聞く第10回は、ご婚約発表当日の様子や報道協定について、そして美智子さまとの後日談に焦点をあてる。

発表当日の朝も正田家内に

日本赤十字社の行事に出席された美智子皇后陛下(2008年撮影)。
日本赤十字社の行事に出席された美智子皇后陛下(2008年撮影)。

――ご婚約発表(と報道解禁)当日の1958年11月27日昼過ぎに、美智子さまが正田邸を正面から出られる際には、取材ヘリコプターも飛び、当時の写真などから判断すると少なくとも60~70人以上は報道陣がいて写真撮影をしていたようです。そんな中、佐伯さんは正田邸の部屋の中から美智子さまを見送ったそうですね。

佐伯 他社の人たちに見られてはまずかろうと、奧に引っ込んでいましたけどね。前日の11月26日夜にも遅くまで正田邸内にいたし、27日も朝早くから邸内にいました。その間、会社や自宅に戻って寝た記憶はないから、近くに待たせていた会社の車の中で仮眠したのかもしれない。
   11月27日の発表当日の朝は天気もよく、美智子さんは「よく眠れた」とすっきりした表情で話していた。美智子さんは7時すぎから入浴したり、父の英三郎さんと2人だけで食事したりして過ごした。宮内庁から派遣された男性も正田邸へ朝から来ていたが、正田家の人から聞いたのか、ぼくが新聞記者だとは気付いていたようだった。「何で記者がこんな所にいるのか」とは思ったろうが、外へ追い出すわけにもいかず、何となく見て見ぬふり、という感じだった。

――発表当日、美智子さまは自宅を出られる前に何か佐伯さんに話されましたか。

佐伯 出かける前に笑顔で「行ってきます」と。その時に着ていたのが、(第1回に話が出た)号外写真のあのドレスだ。きれいだったな。生地代が当時3000円と言ってたかな。1958年ごろといえば、大卒平均初任給が1万3000円か1万4000円ぐらい。生地は、そんなに特別高い値段ではなかった。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中