2018年 7月 19日 (木)

東電の新首脳人事が内定 下河辺会長、広瀬社長体制に

印刷

   東京電力は2012年5月8日に臨時取締役会を開き、原子力損害賠償支援機構の下河辺和彦運営委員長が会長に就任し、東電の広瀬直己常務を新社長に昇格させる人事を決めた。2人は6月下旬に開く株主総会後に就任し、1兆円の公的資金が注入され実質国有化される東電の経営再建を担う。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中