2018年 7月 19日 (木)

富士山直下に活断層か M7クラス地震の可能性も

印刷

   富士山麓の直下に活断層が存在する可能性が極めて高いことが2012年5月10日、東京大学の研究チームによる調査でわかった。

   09年から3年間の調査で、これまで判明していた富士山の近くにある神縄・国府津‐松田断層帯の南西の延長線上に、北東から南西方向に伸びる長さ約30kmの断層を発見した。断層はマグニチュード7クラスの地震を引き起こす可能性があり、地震の揺れで富士山東側の斜面に巨大な山崩れ(山体崩壊)が発生し、大量の土砂が雪崩のように下ったり泥流が発生するおそれがあるという。

   東大地震研究所の佐藤比呂志教授は調査結果を静岡県に伝えており、さらに調査を進めることにしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中