マヤ最古の暦発見 「2012年に世界の終末」否定

印刷

   米ボストン大学などの研究チームが、中米グアテマラにある9世紀のマヤ文明の遺跡で同文明最古の暦を発見した。複数のメディアが2012年5月11日までに報じた。

   これまで、マヤ暦では2012年が「世界の終りの年」だと示されていると一部で解釈されていたが、研究チームによると今回発見された暦では、2013年以降も定めているという、「世界終末説」が否定された格好だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中