東アジア共同体構想「忘れていない」 官房長官が釈明

印刷
記者会見に臨む藤村修官房長官。手元のポストイットに「東アジア共同体」の文字が読み取れる
記者会見に臨む藤村修官房長官。手元のポストイットに「東アジア共同体」の文字が読み取れる

   藤村修官房長官は2012年5月11日午後の定例会見で、かつて鳩山由紀夫元首相が提唱した「東アジア共同体構想」についての認識を問われ、

「否定しているとか、忘れているということではない」
「ないがしろにし、忘れている訳ではない」

などと述べた。その一方で、藤村氏は2度にわたって

「大きな構想だけを打ち出すというよりも、当面の課題に着実に取り組んでいく方が重要」

とする野田佳彦首相の11年9月の国会答弁を引用。事実上、現政権が構想から距離を置いていることを改めて示唆した。

   野田首相は5月12日から14日にかけて北京で行われる「日中韓サミット」に出席予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中