2020年 6月 4日 (木)

吉野家・すき家の「うな丼」どうなる 一部外食チェーンでは販売中止も

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

中止の華屋与兵衛「土用の丑の日にはなんとか」

   一方で同じくゼンショーが展開する和食系外食チェーン「華屋与兵衛」では、うなぎの量が確保できないことから、「うな重」などのメニューの販売を一時ストップせざるを得なくなった。

「ただし、これはあくまで一時的なものです。土用の丑の日を中心に、夏場に向けて再び提供できるよう努めていきます」(ゼンショー広報)

   一方、和食系の外食チェーン「藍屋」「夢庵」で例年「うな重」「うな丼」を提供しているすかいらーくは、「今年も販売します」と明言する。

「量自体はすでに確保できています。価格は値上げも含め検討中ですが、やはり『ぜひ食べたい』という方も多いですから」

   土用の丑の日に向け、各社の努力は続く。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中