2020年 8月 4日 (火)

沢尻エリカまた「休業」騒動 中尾彬「使うほうがおかしいんだよ!」

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   4年半ぶりの女優復帰をしたはずの沢尻エリカさん(26)がわずか半年でまたまたの「休業」となった。2012年7月14日公開の主演映画「ヘルタースケルター」(蜷川実花監督)のPRにも参加していない。そのことを知った俳優の中尾彬さん(69)の一言がネットで喝采を浴びている。

   中尾さんは、沢尻さんが問題ばかり起こしているとし、「使う方がおかしいんだよ!!!」と鬼のような形相で言い放った。

「役が抜けない?そんなバカな!絶対無い!!!」

   沢尻さんが所属するエイベックス・マネジメントは、沢尻さんの体調が悪く医師から「一定期間の静養が必要」と診断されたと12年5月15日に発表。主演映画「ヘルタースケルター」のPRや舞台挨拶ができるかどうかは微妙だとした。

   日刊スポーツ(12年5月15日付け)によれば、今回の映画はオールヌードや激しいセックスシーンに初挑戦しているが、沢尻さんは役柄にのめり込む憑依(ひょうい)型の女優であり、エキセントリックなヒロインの役にのめり込んだため気分が落ち、心身のバランスを崩した、などと説明した。

   テレビ朝日系情報番組「やじうまテレビ!」の火曜日コメンテーターの中尾さんは番組で、この日刊スポーツの記事に対し

「役が抜けない?そんなバカな!絶対無い!!!」

と強く批判した。そして、沢尻さんが芸能界活動休業のきっかけになった07年9月の主演映画「クローズド・ノート」の舞台挨拶での一言

「別に!」

を口真似した。

   朝日新聞の週刊誌「AERA」の浜田敬子副編集長もコメンテーターの1人で、実は先週に沢尻さんをPRする取材が組まれていたがドタキャンになったと明かした。代わりに今週の月曜日か火曜日に取材が可能とのことだったが、これも体調不良を理由にキャンセルされたと話した。

   すると中尾さんは鬼のような形相になり、

「(沢尻さんを)使うほうがおかしいんだよ!だってさ、問題ばっかりおこしていたらさ」

とまくし立てた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中