2019年 11月 20日 (水)

米で話題の画像SNS「ピンタレスト」 日本でも間もなく人気爆発か

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   フェイスブックやツイッターに続く新手のSNSが米国で人気を集めている。画像の共有に特化した「ピンタレスト」というサービスで、既に利用者は1800万人に上るといわれている。

   画像を通じて、知らない相手でも自分の趣味や感性と合うユーザーと手軽に「交流」できるのが好評で、日本でも話題になり始めている。

人間関係を気にせず、ストレスなしで楽しめる

大量の画像から気に入ったものを選んで取り込むのが基本(写真を一部加工)
大量の画像から気に入ったものを選んで取り込むのが基本(写真を一部加工)

   美しい風景や有名人の顔、おいしそうな食べ物と大量の画像が画面上に並ぶ。そこから好きなものを選んで、「ボード」と呼ばれる自分の個人ページに保存する。自分が持っている写真をアップロードすれば、他のユーザーがそれを見られるようになる。ピンタレストの基本的な交流方法は、こういったものだ。コルクボードに画鋲で写真を留める、あるいはスクラップ帳に写真をどんどん保存していく、というイメージに近い。

   サイト内は「アート」「テクノロジー」「ペット」「アパレル」など32のジャンルそれぞれに、ユーザーから投稿された写真や動画が分類されている。ひとつジャンルを選び、そこにある写真から気に入ったものを見つけたら、画像にカーソルを合わせると表示される「リピン(repin)」というボタンを押して個人ページに取り込める。ボードは追加できるので、写真の種類ごとにボードを使い分けることも可能だ。写真にはコメントを書き込んだり、フェイスブックなど他のSNSと連動したりもできる。

   これまでも、「フリッカー」のような画像投稿サービスは存在していた。だがピンタレストの場合、自分の投稿写真を見せるだけでなく、他のユーザーの写真を自分のボードに取り入れることができるため、単に「アルバム」としてだけではない活用方法が考えられる。例えば旅行が趣味の人は、自分が訪れて撮影した地の写真を張り付けるだけでなく、「トラベル」ジャンルに投稿された世界各地の旅の写真を閲覧しながら、行ってみたい場所を集めてボードにコレクションする使い方もあるだろう。感覚が似ているユーザーを「フォロー」することで、自分の趣味と合った画像を見つけやすくなる。

   最新のSNS動向に詳しいソーシャルメディア研究所の熊坂仁美氏に取材すると、「自分の世界に浸って、興味や関心を追求できる点が特徴」とピンタレストを評する。フェイスブックやツイッターでは、実際の知り合いとの「交流」やテキストによるコミュニケーション中心で、ネット上の人間関係が意外なストレスを生むことがあると指摘。しかしピンタレストは基本的に「テキストいらず」のやり取りなので、煩わしさから解放されやすいようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中