2018年 7月 19日 (木)

橋下大阪市長ウォッチ
普通預金などの公開 「出さないといけないとは思っているが、今はちょっと勘弁」

印刷

   大阪市の橋下徹市長は2012年5月28日、市の条例に基づいて11年12月の就任時の資産を公開した。大阪市豊中市の自宅マンション、貯金、金銭信託など総額は約5365万円で、自らが代表を務めている法律事務所への貸付金が約1102万円あった。借入金はなかった。条例では、普通預金や親族名義の資産は公開対象外だが、橋下市長は

「親族のものも、自分自身の普通預金も、すべて出さないといけないと思っている」

と公開対象を広げるべきだとの考えを強調した。ただし、

「『任意で出せ』と言われるかもしれないが、今はちょっと勘弁してほしい」

と、ルール化されていない段階での開示には否定的だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中