2020年 2月 24日 (月)

米国マイアミに恐怖の「ゾンビ」 全裸男がホームレスの顔面食いちぎる

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   人間が生きた人間の顔面を食べるという恐ろしい事件がアメリカ、フロリダ州で発生した。犯人は近年欧米で問題になっている脱法ドラッグ「バスソルト」を服用していた疑いがあるといい、世界中に「マイアミ・ゾンビ」として衝撃を与えている。

   これまでの報道をまとめると2012年5月26日14時頃、フロリダ州マイアミの現地警察に、フリーウェイの脇で、「全裸の男が男性の顔を食べている」という通報があった。

警官の銃撃受けても食べ続け、射殺される

   駆けつけた現地警察が男性から離れるように命じたが、男は食べるのを止めなかった。警察に向かってうなり、銃弾が命中しても男性の顔を食べ続けたという。警察は少なくとも6発の銃弾を撃ち、男を射殺した。

   被害者は現場近くで生活していた65歳のホームレスの男性。現在病院で治療を受けているが危篤状態だという。顔面の約75%が失われており、公開されている写真では、顔面の口から上の皮が剥がれて真っ赤になっている。眼球もむき出しになっており、目蓋も食べられてしまったようだ。

   射殺された、ルディ・ユージン容疑者(31)は当初、新種のLSDを過剰摂取していたと見られていたが、現在は「バスソルト(Bathsalt)」と呼ばれる合成覚せい剤が原因の疑いが出ている。

   バスソルトは、脱法ドラッグの一種。リラックス効果などを得るために入浴時に浴槽に入れる塩、バスソルトという名目で「Ivory wave」「Blue magic」といった商品名で売られていて、近年欧米で問題になっているのだという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中