2021年 7月 31日 (土)

米国マイアミに恐怖の「ゾンビ」 全裸男がホームレスの顔面食いちぎる

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

バスソルト、米国のコンビニで2000~3000円

   口や鼻から摂取し、コカインや覚せい剤を服用したときのような強い興奮や多幸感を味わうことができる。副作用としては血圧と心拍数の上昇、幻覚などがあり、心臓発作で死に至ることもあるという。

   米国ではコンビニエンスストアやガソリンスタンド、インターネットなどで2000~3000円で売られている。州によっては禁止されているが、法の目をかいくぐって入手する麻薬中毒者が絶えないのだという。

   マイアミの地元警察は、今回の事件について、自分の服を脱ぎだして凶暴化するという点が、過去のバスソルト関連の事件、事故と似ていると指摘している。

   薬で凶暴化した人間が人間の顔面を食べるという、恐ろしい事件は全米を震撼させた。米メディアは「マイアミ・ゾンビ(Miami zombie)」「ゾンビの黙示録(Zombie apocalypse)」というショッキングな見出しで相次いで報じ、ネットユーザーからは「なんでこんな薬が合法でコンビニなんかで売っているんだ?」といった声が出た。バスソルトが中国で製造されているという報道もあり、「中国との貿易を停止するべき」というものもある。

   日本のネットでも「マイアミ・ゾンビ怖過ぎるわ。バスソルト、ダメ、絶対」といった声がツイッターに出始めている。

   ちなみに、まだ原因物質がバスソルトだとは確定してはいないものの、薬物問題に詳しい法律事務所によると、日本の合法ハーブ店などでも、バスソルトと同じような成分の薬物が「フレグランスパウダー」として流通しているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中