エジプト・ムバラク前大統領に終身刑

印刷

   エジプトの裁判所は現地時間2012年6月2日、2011年に起きた中東の民主化運動「アラブの春」の際、反政府デモの参加者に対して発砲、殺害したとしてホスニ・ムバラク前大統領に終身刑を言い渡した。「アラブの春」で失脚した元指導者が、本人出廷の下で裁かれたのは今回が初めて。

   ムバラク前大統領は、エジプトを30年にわたって統治。ムバラク前大統領は無罪を主張しており、今回の判決を不服として控訴すると伝えられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中