2019年 1月 23日 (水)

原監督1億円不倫問題に「朝日」参入 「ゆすり男は元組員」と断定

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   プロ野球・読売巨人軍の原辰徳監督(53)が、過去の女性関係をめぐり「元暴力団員に1億円払っていた」などと週刊文春が報じた問題に、朝日新聞が「参戦」した。巨人側は、1億円を要求した人物2人について、暴力団員ではないと主張しているが、朝日新聞では男らへの直接取材や捜査当局をもとに、見出しに「元組員」という言葉を使い、反社会的勢力とのつながりを強調した。

球団「原監督は反社会的勢力と交際したことや利用したことはない」と主張

   2012年6月20日に球団が開いた会見では、桃井恒和社長が、週刊文春の記事について

「あたかも反社会的勢力に不当なお金を払ったかのようにとられる。それは大変違う」

などと反論。原監督は反社会的勢力と交際したことや利用したことはないとも主張した。また、球団側の主張によると、球団が問題を把握した09年の時点で、警察当局からも2人は暴力団員ではないことを伝えられたという。その上で、文春の記事が原監督と球団の名誉を傷つけるとして、近く損害賠償請求訴訟を起こすことを明らかにした。

   仮に恐喝した男が暴力団員などの「反社会的勢力」関係者だった場合、野球協約180条の「賭博行為の禁止及び暴力団員等との交際禁止」に抵触することになり、原監督にとっては命取りになりかねない。それだけに、球団側も強い姿勢で臨んでいるとみられる。

   この球団側の主張に異議を唱える形になりそうなのが、翌6月21日の朝日新聞朝刊の第1社会面のトップ項目に「原監督『ゆすられ』1億円 元組員らに女性問題で」と題して掲載された記事だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中